« クライアント体験:読書療法感想『禁煙の愉しみ』その1 | トップページ | お薦めの本:『認知行動アプローチと臨床心理学』(金剛出版) »

2006年6月22日 (木)

クライアント体験:次のセッションまであと2ヶ月

  今,私が体験している「試行認知行動療法(試行CBT)」は,私が勤務する機関の月1回の内部研修会のときに実施しているものです。なのでセッションのペースは月に1回。かなりゆっくりしたペースですが,急性期ではなく,慢性化した問題を扱うのであれば,この月に1度というペースもなかなか悪くないと,実際にやってみて感じていました。

  が,6月の研修会は相方が研修会を欠席,7月の研修会は私が欠席するはめになり,残念ながら5月のセッションの次は8月,ということになってしまいました。今から数えてあと2ヶ月,この前の5月のセッションから数えて実に3ヶ月ということになります。

  そうとわかったときのクライアントとしての私の反応ですが,確かに残念な気持ちではあるのですが,「とにかく現状を3ヵ月後まで何とか維持して,セラピストに報告したいな」という気持ちが一番強くありました。「3ヶ月あくなら,もういいや,どうとでもなってしまえ」というモチベーション・ダウンでもなく,「3ヶ月あくなら,もっと自分で進めてしまえ」というモチベーション・アップでもなく,維持を望む気持ちです。

  というのも,以前毎日1箱,つまり1週間で7箱以上吸っていた煙草を,今現在週に2箱ペースに落としており,そのなかで「読書療法」をしたり,コーピングカードを使ったり,「吸おうかな,やめておこうかな」という状況でさまざまな自動思考が生じるのを体験したり,「CBTで“我慢”を目指すのは,やはりおかしなことだ」と改めて気づいたり・・・,要はさまざまなことを実感的に体験しており,それだけで今は「いっぱい状態」なのですね。そしてとにかくその「いっぱい状態」を一度セラピストに「報告したい」という気持ちが強くあるのです。報告して落ち着いてから,次のステップに進みたいのです。

  というわけで今回,次のセッションまでの間隔が長いことを知って思ったのは,CBTにおけるセラピストの機能の一つとして,「報告を受ける」「報告を共有する」というのがあるなあ,ということです。「どんなにささいで,つまらないことでも,このセラピストならちゃんと共有してくれるだろう」という信頼があればこそ,こう思えるということも重要だと改めて思いました。

  やっぱりCBTの要は技法ではなく,対話なのだ,ということでしょうか。

|

« クライアント体験:読書療法感想『禁煙の愉しみ』その1 | トップページ | お薦めの本:『認知行動アプローチと臨床心理学』(金剛出版) »

コメント

2回目のコメントさせていただきます★
7箱/1w→2箱/1w、ご立派です!
もし、あなた様と友達という間柄にさせてもらえるのなら、
「うん、うん。そっか、そっか。りっぱよ」と大げさに持ち上げず、冷静に穏やかにこのセリフを言ってあげたい気持ちになりました。
私の場合、1週間でも禁煙できた時は、その事実を「受けて」くれる友達に報告するのが、自分のしていることを確認し、次の禁煙週間に進むための大切な儀式みたいなものになっていた時がありました(最終的にはこの儀式作戦も上手くはいかなかったのですが…)。
私の場合、Cl-Th関係ではないので、同じ視点に立てているか分からないのですが、報告内容を評価したり特別な事を言ってくれなくてもいいのです。「禁煙」という、いつまで続くかわからない挑戦の途中途中で誰かに今の状況を報告したい!共有してもらいたい、という思いがあったのを思い出しました。

ところで・・・
私事なのですが、実は、今完全に禁煙しています。
病気とかドクターストップがかかったから、ということではなく、正確には自分から進んで非愛煙家になりました。
これまでの『チャレンジ!禁煙』と大きく違うところは、「今後喫煙することは絶対にないだろう」という確信があることです。今までは、たとえ数日禁煙しても「また吸うだろうな…」という確信(!?)があったんです・・・
非愛煙家になれたのは、ある事実とそれに伴う観念みたいなものなのですが、これを書くとまた長くなりそうなので、また、いずれ書き込みさせていただきたいと思います。
「ある事実と観念」ぐらいササっと書けば…?と思われるかもしれないのですが、ササっと書いて伝わりそうもない内容なのです・・・
とてもいじっかしい終わり方になってスミマセン(><)次回の更新、楽しみにしています★

投稿: 月下美人 | 2006年6月26日 (月) 00時47分

CBTが終わったあとの自発的回復の過程もつぶさに報告してみてください

投稿: nisikawa | 2006年6月27日 (火) 16時55分

月下美人様

こんにちは。お久しぶりでございます。実は月下美人さんから以前いただいたコメントが,非常に印象的で,ときどきぼんやり煙草を吸いながら,「この時間のことを,月下自分さんは書いておられたのだなあ」としみじみ感じたりしておりました。

ところで,完全禁煙に突入なさったのですね!

> 非愛煙家になれたのは、ある事実とそれに伴う観念
> みたいなものなのですが、これを書くと
> また長くなりそうなので、また、
> いずれ書き込みさせていただきたいと思います。

私には,そのような「事実と観念」が,今まだ手元にないので,完全禁煙に踏み切れないのでしょう。もちろん私には月下美人さんの「事実と観念」の中身はわかりませんが,そういう何かが「ある」ことで,喫煙という行為を「なし」にできるのではないかと推察いたします。なのでよくわからないながらも,月下美人さんが「確信をともなう非喫煙者」となられたということが,なんだかそのまま「きっとそうなんだろう」と確信してしまった次第です。

また機会がありましたら,事実と観念について,あるいは非喫煙者体験について教えていただけると嬉しいです。

投稿: coping | 2006年6月28日 (水) 09時06分

nisikawa様

> CBTが終わったあとの自発的回復の過程も
> つぶさに報告してみてください

つぶさにセルフモニタリングはしておりますが,
これをつぶさに記録し,さらにつぶさに報告するということが
いかに大変なことか,今回のクライアント体験で
クライアントさんの大変さが,改めてわかりました。

と,言い訳をしつつ・・・(笑)
できるだけつぶさな報告をこころがけます。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

投稿: coping | 2006年6月28日 (水) 09時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: クライアント体験:次のセッションまであと2ヶ月:

« クライアント体験:読書療法感想『禁煙の愉しみ』その1 | トップページ | お薦めの本:『認知行動アプローチと臨床心理学』(金剛出版) »