« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »

2006年4月27日 (木)

クライアント体験:他者による問いの力(2)

  またまた試行CBTの報告です。(最近,こればっか・・・笑・・・しかし,貴重なクライアント体験については,できるだけ事細かに記録しておきたい)

  セラピストに主訴をおずおずと語った後,「どうしてあなたは禁煙したいのですか?」と改めて問われた際,ほんの数秒あるいは十数秒だったと思うのですが,ものすごく真剣に,かつ,めまぐるしく,自分のなかで改めて自分に問いました。「どうして私は禁煙したいなどと,この場で言っているんだろう?」と。

  で,出てきた答えは,「私は煙草を止めたいのではなく,今の,この世の中で,【煙草を吸う人】であることを止めたいんだ」ということでした。

  改めてまとめると,私は煙草を止めたいのではないのです。そうではなく,煙草を吸う人を「かわいそうな人」扱いする,今の世間の情勢において,そのような「かわいそうな人」扱いされるようなポジションにいることが嫌なんだ,ということです。

  そのように答えてみて,なんだか非常に,「あ,そうだったのか」とスッキリしてしまいました。このスッキリは,問われて初めて気づいたからではなく,これまでも間違いなく,うすうすそう思っていたのですが,問われて自ら改めて考え,その考えを口にすることによって,それをはっきりと目の前の他者(セラピスト)に対し,明確に言葉にできたからこそ得られた感覚だと思います。

  これがCBT的コミュニケーションにおける,ソクラテス式問答のもつ力なんだと,答えたあと,やけにしみじみと感じてしまいました。クライアントとしての私は,この問答を体験できただけで,インテークを受けてよかった,と満足しています。

  しかしひるがえって,普段セラピストとしてCBTを実践する者としては,「問いの力」の大きさについて気をつけなければならないと,改めて実感しました。ある問いを問われて,それに答えるだけで,これだけ満足できる場合があるということは,逆もあるということです。つまり,セラピストの問いに対して自問するだけで,これだけ満足できる場合があるということは,逆に,問われることによって大きく心が揺さぶられる場合がありうるということなのだと思います。

  この「問いのもつ力」については,私なりに注意して,用心深くひとつひとつの問いをクライアントさんに発してきたつもりではありますが,今回のこの体験によって,自分の発する問いに対して,さらに自覚的になろう,と決意した次第です。

   ・・・という具合に,たった15分間の試行CBTのインテーク面接を体験しただけでも,あれやこれやと様々な感想が生じること自体に,新鮮な驚きを感じています。(で,こうやってブログに垂れ流している・・・)

   ・・・などと書きつつ,次回のセッションまでのホームワーク(生涯最後の煙草を100箱用意して,各箱にナンバリングする)には,いまだ全く手をつけていなかったりするのでした。(それにしても「100箱」という数量に,未練がましさを感じるなあ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月25日 (火)

クライアント体験:他者による問いの力(1)

またまた試行CBTの話題です。

インテーク前に様々なことを考えているうちに,とうとう試行CBTのインテーク日当日となりました。当日ともなると,「とうとうこの日が来てしまった」「もう逃げられない」といった認知(自動思考)が生じ,気分的にも「開き直り」に近い感じになってきます。そして,「どうせ始めるんだから,つべこべ言っていないで,セラピストに助けてもらいながら,やれるだけやってみよう」と,なかばやけくそ気味な自動思考が浮かんできました。そしてとうとうセッションが始まりました。

時間の都合で,当日は1回15分の「インテーク面接」という設定でした。インテークなので,本題に入るのではなく,「何を主訴とするか」「その主訴に対して,どのようにしてCBTを進めていくか」といった話を中心に行われたのですが,この日一番の収穫は,私がおずおずと「一応,禁煙したいということを主訴に進めていってほしいのですが・・・」と言い出したことに対し(中途半端なモチベーションなので,どうしても「おずおず」「もじもじ」と言い出す感じになっちゃうんですね),セラピストの言った「どうして禁煙したいのですか?」という問いに対する自分の反応でした。

  セラピストの質問に答えようとして,しばらく考えているうちに,自分が「禁煙」を主訴とする理由,つまり「どうして?」に対する答えが,突然自分のなかでとてもクリアになり,自分自身で非常に納得してしまったのです。

  一応「禁煙」を主訴に,この試行CBTに臨もうと思っていたぐらいですから,「自分はなぜ今回,この試行CBTにて,禁煙しようとしているのか」などなど,さまざまな自問自答はすでに発生していました。しかし,そのような自己完結的な自問自答と,目の前のセラピストから,つまり他者から発せられる問いに対して行われるオープンな自問自答とは,全く違っていたのです。その違いを,このとき,まざまざと実感しました。

  自己完結的な自問自答の場合,結構アバウトな回答で満足して,終わってしまうのですね。禁煙で言えば,「やっぱり世間の目は厳しいし」「健康に悪いし」「お金ももったいないし」などなど,ありがちな回答で適当に満足して,「だからやっぱり禁煙したいよね」とへらへらと考えるに留まり,それで終わり!という感じです。が,目の前にいるCBTのセラピストから,「どうして禁煙したいの?」と聞かれたときには,自己完結的な自問自答とは全く異なる真剣さで,思わず自問してしまっていたのです。「本当にあなた(自分)は,なぜ禁煙したいのか。なぜ禁煙を主訴に,CBTを始めようとしているのか???」と。これがまさに「問いの力」なんだなあ,と実感しました。

  そして,セラピストを目の前にして,あれこれと考えた結果,「あ,そうか!」というぐらい,自分にとっては明確な,禁煙したい理由が浮かび上がってきたのです。まさに「浮かび上がってきた」という感じでした。浮かび上がってきたものをつかまえて,「あ~,なるほど,そうだったのか~」と,自分のことなのに,改めてびっくりする,という感じでした。

  とりとめがなくなってきましたし,長くなってきましたので,自問の結果気づいたことについては,次の記事に書きます(といっても,大したことに気づいたわけではありません。私としては,気づきの中身より,セラピストとの対話のなかで,今までとは違う「気づき方」をした,という体験ができたこと自体が,むしろ新鮮でした。・・・といちいち伏線をはること自体が,禁煙に対して覚悟が決まっていない証拠かも・・・笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年4月20日 (木)

クライアント体験:インテーク前の心の揺れ

  クライアントとして,認知行動療法(内部研修会での試行CBT)を受けることが決まってから,昨日も書いたような認知的,行動的変化が自然に起きたのですが,その体験が自分にとっては非常に新鮮でした。そして全く同一とは言えないと思いますが,我々がやっているような民間機関にインテーク面接を申し込んでくださるクライアントさんの思いを,これまでよりほんの少し,より理解できたような気がしました。(あくまでも「そんな気がする」というレベルですが)

  特に私が「ああ,なるほど,そういうことなのか」と思ったのは,「あまり早急に進めないで欲しい」「ゆっくりと進めていってほしい」「主訴を解消したいのはもちろんだけど,でも,時間をかけて徐々に変わっていきたい」というクライアントさんの思いです。

  そのようなクライアントさんの思いと,私ごときの「禁煙してみるかな」という半端な思いを一緒にするのは,ある意味大層失礼なのかもしれませんが,それでも研修会の「試行CBT」といえども,一人のクライアントとして真剣にCBTを受けようとする者からすると,確かに主訴を何とかしたいという思いはあるのですが,でもそのような主訴を抱えている自分は,これまでも,今も,これからも自分として生きていく自分であって,主訴もそのような自分の一部なのです。とすると,たとえ主訴であっても(すなわち解決したい問題であっても),それらとある程度じっくりと向き合い,ちゃんと考え,納得して解決の道を探り,辿っていきいたいのです。

  ・・・といった体験を通して,CBTの進行について話し合う際,「ゆっくりと進めていってほしい」などといった希望を出されるクライアントさんの思いが,これまでよりもう少し実感をもって理解できるような気がしたのでした。

  (いきなり話が大きくなりますが)人は「変わりたい」と思うと同時に「変わりたくない」と思う存在なのだと思います。その人は,これまでも,今も,これからも,変わらず「その人」であり続ける限り,それは当然の思いだと思います。だからこそ,問題解決志向の認知行動療法を実施する者としては,あるいは,トライアルで認知行動療法をクライアントとして受ける者としては,何らかの問題を抱える自分自身は自分自身として大事にして,一方で,何とか解決したい問題は,協同作業を通じて,解決のための努力を続けたいものだ,と今回の体験を通じて,改めて実感した次第です。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年4月19日 (水)

クライアント体験:インテーク前の認知と行動

  「禁煙」を主訴として,「クライアント」の私が試行CBTに臨むことにしたのは,昨日書いたとおりです。

  面白いことに,4月15日の「インテーク面接」に向けて,私はいろいろと考えたり行ったりしました。その例を挙げると・・・

1)自分が本当に禁煙したいのかどうか,自問自答が始まりました。本当に禁煙を主訴として試行CBTが始まってしまうと,それに向けて動かざるをえなくなることはわかっています。だからこそ,インテーク前に,「本当に禁煙を主訴にして,CBTを受けることにしちゃっていいの?」「それだけの覚悟はできている?」「もう少し達成しやすい別の問題を主訴としたほうがいいのでは?」「でもめったにないチャンスだから,やはりこれを機に頑張るべきなんではないか?」「もしうまくいかなかったら,『弱い人間』だと,セラピスト役の相方や仲間に思われてしまうのではないか?」・・・etc,とにかく試行CBTのことを思うだけで,さまざまな自動思考が頭を飛び交うのです。

2)禁煙に向けて,私の行動プランはすでに決まっていました。「生涯最後の100箱」を購入し,その100箱を吸い切ってもよいし,途中で吸わなくなっても良いのですが,とにかくきっぱりと辞める勇気も意志もない私としては,「残り100箱」から節煙をスタートして,その100箱が尽きる前に,今とは別の状態に落ち着きたいと考えておりました。というわけで,すでにインテーク前に,せっせと100箱を買い揃える行動を始めておりました(よくわからないのですが,カートン買いはしたくないのですね。自販機とかコンビニでふだんなら1つ2つ買うところを,3つ4つ購入して,せっせとためておりました)。思えばおそらく,インテーク時に主訴をセラピストに述べるとき,「すでにそれなりにやる気になっている。その証拠として,『100箱プラン』というのが自分にあり,そのための行動をすでに起こしているのですよ」と,セラピストにアピールしたかったのでしょう。

というわけで,認知的には自問自答,行動的には100箱の溜め込みをすでに開始した時点で,4月15日のインテーク面接の日を迎えたのでした。(つづく)

(書いていて馬鹿馬鹿しいような,「こんなことブログに書いちゃっていいのだろうか」と恥ずかしいような気持ちになってきましたが,これも一種の「エクスポージャー」と考え,とりあえず書き続けます。・・・ああ,恥ずかし)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月18日 (火)

CBTのクライアントになることになりました!

  これまで当ブログの記事を書くにあたり,ワードで一度文書を作成し,それを貼り付けていたのですが,その作業自体が結構面倒くさくなり,更新を先延ばしにしていた側面がありました。(研究者(の端くれ)の性なのか,本来は強迫的な人間では全くないのですが,「文書やデータの管理だけは,出来る限りちゃんとしておかないと,後で面倒くさいことになる」というビリーフに基づき,そうしていました) が,しかし,「本ブログを自分用の備忘録に使うのであれば,そんな面倒なことをしなくてもよいのではないか」という,まことに自分に都合のよい「適応的思考」をでっちあげ,そういう文書管理いっさいなしに,今日から直接書き込むことにしました。というわけで,系統立てて記事をアップしていく,というこれまでの野望(?)はいっさいチャラにして,そのときどきの思いつきで,何とか当ブログの存続を図ろうと思います。(当ブログが存続しなくても,誰にとっても何の支障もないのですが,CBTについて好きなことを書き散らす場を,自分のためにとりあえず残しておきたいという気はします)

  というわけで,やっと本題なのですが,私自身がCBTを受ける立場,すなわちクライアントになるという,面白い企画が始まったので,これについては随時,当ブログで報告することにいたします。

私が運営する,とあるCBT専門機関では,月に1度,スタッフが勢揃いする内部研修会を実施しています。今年度の通年テーマとして,スタッフ同士でペアを作り,1年間かけて,セラピストとクライアントをお互いにやりあう「試行CBT]というのを実施することになりました。

  これはあるイベントの後の飲み会でアイディアが出たもので,コンセプトとしては,「精神分析には教育分析があるのなら,認知行動療法でもそれに該当する研修があってもよいのではないか」というものでした。しかし症状や問題に焦点をあてるCBTの場合,いわゆる「主訴」がないと始まりません。そこで「果たしてみんな,主訴はあるのかな?」という話になったところ,それが出してみれば,皆それぞれ,大なり小なり「主訴」と呼べるものが結構あったのです。というわけで,「だったらせっかくの機会だし,面白そうだから,研修会を使って試行CBTを皆でやってみよう!」という話になり,やっと実現までこぎつけたのでした。そしてあみだくじで,スタッフ同士ペアを組み,先日めでたく,「試行CBT」初回面接が実現したのでした。

  これまでCBTのトレーニングの一環として,小さなロールプレイは体験したことがありましたが,継続的にクライアントとしてCBTを受けるのは初めてです。このような貴重な体験をすることはめったにないことだと思いますので,今後,当ブログでは,私の「クライアントとしてのCBT体験」を,断続的に紹介していきたいと思います。

  で,先日,「初回面接」がありました。これは「インテーク面接」扱いのセッションです。たった15分間でしたが,得るところがしっかりありました。これについては後日,別記事を書くとして,とりあえず,今回の試行CBTにおける私の「主訴」だけ今日は紹介しておきたいと思います。(あ,いちおう,私とペアを組んだ相方さんからは,この件を当ブログに紹介する承諾は得ております。クライアントがセラピストに承諾を得る,というのもなかなか面白いものですね)

  私の主訴は 「禁煙」です。

  以上!(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »