« 【認知療法・認知行動療法】コラムその10:モデルとして機能するセラピストだといいんだけど・・・ | トップページ | 【認知療法・認知行動療法】コラムその12:モラルハラスメントにCBTはどう役立つことができるか? »

2006年2月 3日 (金)

【認知療法・認知行動療法】コラムその11:対話によって行われる認知の再構成

  新年に入り,「備忘録的に当ブログを使うということで,更新頑張ります」などと書きましたが,全然滞ってます(笑)。しかし私がブログを更新しないからといって,誰かに迷惑をかけるわけではないので,こういうときは「なかったことにする」というコーピングを用いて,ブログそのものの存在を「なかったことに」していたのでした。「やってもやらなくても誰にも迷惑をかけない」事象が滞っているとき,この「なかったことにする」というコーピングは強力です。類似のコーピングとして,部屋の片隅にたまっている埃の山を「見なかったことにする」というのがあります(笑)。

  さて,更新が滞っている理由の一つに,ある翻訳の仕事が進まずに,毎晩苦しんでいるというのがあります。こちらはさすがに「なかったことにする」わけにはいかないので,進まないながらも毎晩帰宅してから寝る直前まで頑張るのですが,おそろしいほど進まない。その「おそろしいほど翻訳の仕事が進まない」という状況に対して,さまざまなネガティブな自動思考が生じるのです。

  それを超シンプルな認知再構成法の図式に当てはめるとこうなります。

【状況】おそろしいほど,翻訳の仕事が進まない

【自動思考】「英語が得意なわけでもないのに,翻訳の仕事なんか引き受けた自分が馬鹿だった」「なんでこんなに遅々として進まないのだろう。よほど私はこの仕事が向いていないに違いない」

【気分】憂うつ,自己嫌悪

【行動】ぐずぐずしながらも,何とか作業を続ける。「もうやりたくない!」と駄々をこねる。

  というわけで,この数ヶ月間,苦しみながら亀の歩みよりももっとのろのろと仕事を続けてきていたのですが,先日,私が非常に尊敬しているCBTの大先生と,ある食事会で隣り合わせに座る機会がありました。その先生(仮にA先生としておきます)が,本来お好きなお酒をあまり召し上がらないので,「どうしたのですか?」とお聞きしたところ,「最近,翻訳の仕事に苦しんでおり,先日とうとう消化器の検査を受けた」とおっしゃるのです。その後,“翻訳の苦しみ”についてA先生と大いに盛り上がったのですが,A先生とこの話をした後,私の認知は劇的に変わりました。

【状況】おそろしいほど,翻訳の仕事が進まない

【新たな思考】「A先生だって胃に穴があくほどなんだから,翻訳仕事というのは大変なんだ」「A先生だってあんなに苦しむと言うのだから,私ごときがスイスイと翻訳を進められるわけではないのだ」「A先生だって何度もやり直しするというのだから,私ごときが何度もやり直しするといのは当然のことなんだ」

【気分】軽いあきらめ

【行動】ぐずぐずしながらも,何とか作業を続ける

  A先生と話をしたことで,翻訳に対する私の認知が自然発生的に再構成されたのです。「おそろしいほど仕事が進まない」という状況や,「ぐずぐずしながらも,何とか作業を続ける」という行動は,全く変わりありませんが,新たに再構成された認知のもとで,さほど憂うつ感や自己嫌悪を感じることなく,軽いあきらめ程度の気分で,毎晩作業ができるようになったのです。

  認知再構成法は,別名「コラム法」と呼ばれるぐらい,表などのツールを使って行うもの,と考えられておりますが,やはり基本は対話なのだと,今回の自分の体験を通して再確認しました。表を使ってシコシコと書き込んでいくのも,それはそれで効果的だったり,楽しかったりするときもありますが,やはり誰かと対話をするなかで,新たな認知が再構成されるという流れのほうが自然ですし,効果的だと思います。そもそもそれが多くの健康な方々が無意識的に実施している認知再構成法だと思うのです。

●今日のまとめの一言: ツールを使ってシコシコと作業するだけが認知再構成法ではない。人と対話する中で,おのずと認知が再構成されるような流れが自然だし,効果的である。

|

« 【認知療法・認知行動療法】コラムその10:モデルとして機能するセラピストだといいんだけど・・・ | トップページ | 【認知療法・認知行動療法】コラムその12:モラルハラスメントにCBTはどう役立つことができるか? »

コメント

 いや、よくわかります。
 実は私も細々と、ある方から紹介された本を翻訳しているのですが、全然進まず、全くcopingさんと同じ自動思考(涙)。
 まあ悩みのレベルはcopingさんやA先生とはもっと低いと思いますが。
 私も新思考「copingさんだって苦しんでいるんだから、自分が悩むのも当然なんだ」に変えたいと思います。

投稿: アド仙人 | 2006年2月17日 (金) 00時04分

アド仙人様
どうも翻訳とは書きたいことを勝手気ままに書けるブログとは大違いの苦しい仕事のようですね。お仲間がまた一人見つかって嬉しいです。
というわけで,「アド仙人さんだって悩みながらブログやっているのだから,私もたまには翻訳の悩みから離れてブログの記事を書いちゃおう!」という新たな,しかも何とも自分にとって都合のよい新思考を加えることにします。ありがとうございました!

投稿: coping | 2006年2月17日 (金) 23時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【認知療法・認知行動療法】コラムその11:対話によって行われる認知の再構成:

« 【認知療法・認知行動療法】コラムその10:モデルとして機能するセラピストだといいんだけど・・・ | トップページ | 【認知療法・認知行動療法】コラムその12:モラルハラスメントにCBTはどう役立つことができるか? »