« 【認知療法・認知行動療法】コラムその9:骨盤を立てる!肋骨を絞る! | トップページ | 【認知療法・認知行動療法】コラムその11:対話によって行われる認知の再構成 »

2006年1月13日 (金)

【認知療法・認知行動療法】コラムその10:モデルとして機能するセラピストだといいんだけど・・・

  前回に引き続き,スポーツクラブのネタを。

  私はエアロビクスのレッスンに出るのが大好きなんですが,インストラクターにも様々な人がおられまして,いろいろと考えさせられることがあります。

  よく感じるのは,「『こうなりたい!』と思わせてくれるようなインストラクターがいいな」ということです。動き(踊り)の組み立て,キュー(手がかり/プロンプト)の出し方,1回のレッスンの構成といった技術的な上手い下手はもちろん重要ですが,インストラクター自身の魅力といいますか,インストラクターが発するエネルギーといいますが,うまく言えないのですが,とにかく,「素敵だな。この人のレッスンに出ていると,この人みたいになれるのかな」と思わせてくれるようなインストラクターは魅力的です。(「この人みたいになろう」と本気で追求するということではなく,「この人が体現しているようなあり方を,私も自分の領域で実現したい」と思わせてくれる,ということです。うまく表現できないけれど)

  逆の例を出せば,エアロビクスのインストラクターにも,インストラクターという仕事や我々参加者をなめてかかっているような人がたまにいますし,あるいは見るからに活力のない不健康そうな人がたまにいて,そういう人のレッスンって本当に説得力に欠けるのです。そういう人のレッスンに出ると,むしろ心身のエネルギーが奪われるというか,ダレてしまいそうな気がして,かえってストレスが溜まったりします。

  我々の仕事であるセラピーも似たようなものだと思います。セラピーをする張本人(セラピスト)が,見るからに不健康だったり不機嫌だったりストレスにやられているようであったりするのは,やはりクライアントさんに対して説得力に欠けると思うのです。まあそれはエアロビクスやサイコセラピーに関わらず,「計算ができなさそうな算盤の先生」「歩き方がおかしいウォーキングの先生」「電車が大嫌いなように思われる電車の運転士」「動物を憎んでいそうな動物園の職員」・・・というように,考え出せばいくらでも例が挙げられそうですが。

  ぐちゃぐちゃ書きましたが言いたいことは,サイコセラピストは,なかでも特に「セルフマネジメントを重視するCBTのセラピスト」は,やはりセルフマネジメントをしっかりやって,「ああ,CBTを実践すると,この程度には元気に生きられるんだなあ」とクライアントさんに思ってもらえるようなモデルであるべき,もとい,少なくとも私はそのようなモデルとして機能したいと思います。

  ただ,あまり完璧なモデルである必要はないと思います(どっちみち,私には無理ですが)。「誰だって生きていればいろいろあって大変だけど,自分でちょっと工夫すれば,何とか,そこそこ,ほどほどに,ぶっ倒れない程度には,自分の心身の状態を保てるんだな」ということを,ある程度の説得力をもって示せるようなモデルであるぐらいがちょうどいいのではないかと思います。また,CBTの考え方や技法を使って,その程度には自分のコンディションを保っていければいいなあ,とCBTのセラピストとしては考えています。

  以上の話は実は「セラピストの自己開示」にも関わってくることだと考えています。それについてはそれなりに書きたいことがありますので,また後日(例によっていつになるかは不明・・・笑),書いてみたいと考えております。

●今日のまとめの一言: CBTのセラピストは,ほどほどに心理的マネジメントが上手な“モデル”として機能するのが理想的!

|

« 【認知療法・認知行動療法】コラムその9:骨盤を立てる!肋骨を絞る! | トップページ | 【認知療法・認知行動療法】コラムその11:対話によって行われる認知の再構成 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【認知療法・認知行動療法】コラムその10:モデルとして機能するセラピストだといいんだけど・・・:

« 【認知療法・認知行動療法】コラムその9:骨盤を立てる!肋骨を絞る! | トップページ | 【認知療法・認知行動療法】コラムその11:対話によって行われる認知の再構成 »