« 2005年9月 | トップページ | 2005年11月 »

2005年10月31日 (月)

【認知療法・認知行動療法】ひとりごと その5:とりあえず「発信」して,仲間を募る

  多くの方々がそうだと思いますが,私も自分の興味のある事柄については,自分自身でとことん調べ,エキスパートに教えを請い,その上で自分の乏しい脳味噌をふりしぼってとことん考え,自分なりのとりあえずの結論を出してみたいと切望しています。しかし興味のあることって,大抵常に複数ありますし,どれ一つとっても,ちょっと調べてみるだけでその背景に広大な研究や実践の歴史があることがわかってしまうわけで,根がしつこい私は,何もかもを徹底的に自ら調べ上げて,咀嚼したい衝動にかられるのですが,限りある人生,当然そうはいきませんよね。(「ね」って,誰に同意を求めているんだか・・・笑)。

  ここ数年,とくにこの23年の間,自分の中心的な専門分野でないテーマについて発言を求められることが増えており,最近あった学会でも,そのような機会がありまして,準備をしているときには,「どよーん」と重たい気分にとらわれることもあったのでした。「どうしてこんなに重たいんだろう」と自問してみたのですが,一番大きいのは,「まだまだ勉強や考察が足りてないのに,こんな中途半端なことを,人前でしゃべっちゃって(あるいは活字にしちゃって)いいんだろうか?」という“恐れを伴う認知”でした。「調べ足りていないことが,まだまだあるんじゃないか」,「もっと自分なりの論考を熟成させたい」,「あと1年あれば,もうちょっとマシな考察ができそうなのに」・・・etc,あれこれ考えては逃げたくなっていたのですが,一度引き受けてしまったことから逃げるほどの勇気はないので,出来る限りの準備をして原稿を書いたり,発表に臨んだりして,とりあえず一つ一つ終えていき,過去にこだわらない私としては,終わった瞬間から,「ああ,とりあえずやってよかった。面白かった!」と能天気に考え,反省すらすることなく,忘れてしまうのでした。

  で,このような体験を繰り返しながら思うのは,たとえ熟成していない考えでも,活字化や発言の機会を与えられることによって外在化することで,誰かから何らかのフィードバックをもらうことができるって,本当にありがたいことだなあ,ということです。フィードバックしてもらうと,それが肯定的であろうと否定的であろうと,結局はとても嬉しいんですよね。それにある程度調べても自分の見方が定まらない事象というのは,それだけ多様な考えを引き起こしやすいものであって,だからこそ他人のフィードバック,すなわち多様な視点からのコメントがとても興味深かったりするのでした。

 と,ここまで書いていて思いましたが,認知行動療法をやっている私は,「傾聴中心のセラピー」に満足しなかったクライアントさんと出会う機会が多くありますが,そのようなクライアントさんがおっしゃるのは,「(これまで受けたセラピーは)ただ話を聴いてくれるだけで,それ以上何もしてもらえなかった」という不満です。非常にもっともな不満だと思います。自分が体験したこと,感じたこと,思ったこと,望んでいることを,自分のお金と時間を使って専門家に話しているのに(非常に勇気の要ることだと思います),それに対してセラピストからフィードバックがない(セラピストがフィードバックしているつもりであったかどうか,ということはこの際無視します。少なくともクライアントさんは「フィードバックがない」と判断したのです)ということに不満を感じるのは,あまりにももっともなことだと思うのです。(傾聴されるだけで展開するセラピーがあることは認めます。私自身,そういうセラピーを実施することもあります。が,それは「傾聴中心のセラピーでやっていきましょう」という“メタコミュニケーション”が実施されたうえで行われるべきことだと思います。)

 見知らぬ他人であるセラピストに自分のことを話すクライアントさんにしろ,自信のないことを半ば公の場で話す私にしろ,それには多大な心細さが伴うわけで,話した後でもやはりその心細さが続くわけです。そんなときに,「あなたの話したことについて,こんなふうに思ったんだけど」と,フィードバックしていただけると,それがどんな内容であれ,「ちゃんと聞いてくれて,それに対してコメントしてくれている」ということ自体に,非常にホッとするのです。ということを,今回の一連の発表を終えて,改めて実感しました。そして,クライアントさんにとってより援助的に機能するように,自分のフィードバックスキルを磨いていきたいと思いました。

 ともあれ研究者としては,自分の取り組んでいきたいテーマについては,自分で納得のできるほどに論考が進んでいなくても,勇気を出して,それを公の場で提示するといった,より多様なフィードバックを受けるための機会を自ら作り出していくことが重要だということが,今回の学会を通じてよくわかりました。気が小さい私にとっては,そう気楽にできることではありませんが,このことを忘れないでいたいと思います。

●今日のまとめの一言: 興味のあることについては,できれば自分でとことん調べ,とことん考え,自分なりの「素晴らしい結論」を出してみたいものだが,そんな夢のようなことを待っていたのでは,人生が終わってしまうだろう。たとえ中途半端な論考でも,批判覚悟で思い切って発信し,フィードバックをもらう,そういう場を自ら作っていくことが重要である。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2005年10月 9日 (日)

【認知療法・認知行動療法】ひとりごと その4:自ら人に会いに出かける

  9月の最終週に,べてるの「当事者研究」の研究をスタートさせるために,北海道浦河まで久々に出かけてきました。詳しい報告は後日ということにして(その「後日」がいつになるかは,すみません,不明です),これが3度目の浦河訪問なのですが,毎回感じていることをここで書いてみたいと思います。

 それは,「会いたい人,興味のある人には,どんどん自分から出かけていって会いに行く」ということの大切さです。確かにべてるの人たちは今ひっぱりだこで,全国の講演会でお会いしたり,話を聞いたりすることができますが,やはりべてるの活動が実践されている「場」は,浦河にあるわけでして,本当に興味があれば,やはりその「場」をひっくるめて見てみたい,参加してみたい,と思いますし,実際にそうしてみると,そうしてみなければ決してわからなかったであろう「場」の持つ力が見えてくるのです。

 と書きつつ,ほんの数日間滞在しただけで何がわかる?という声も,聞こえてくるのは当然で(そう自分に突っ込んでいるのは,他ならぬこの私ですが),それは本当にその通りだと思います。だからと言って,「本当に全てを理解するために」という目的で,自分の「現場」を放って,興味ある他人やコミュニティの「現場」にいつまでも入り浸るというのも,また別の意味で問題があり,だったら限られた期間であれ,とりあえずその場に飛び込んでみる,ということが,今の自分にできる精一杯のことかな,と思います。

 ともあれ,真に会いたい人と出会う,というのは,その人が存在している「場」に飛び込んでいって,その「場」にいるその「人」に出会う,ということだと思いますので,べてるだけでなく,今後も興味をもった人やコミュニティには,自分からどんどん出かけていって「出会い」を作っていきたいと思います。

 そこでふと思うのは,では今私がやっているような「面接室内認知行動療法」は,いったいどうなんだろう?ということです。これは今に限らずときどき自問することです。クライアントさんは自分の生活の場の中で,いわゆる「主訴」を抱えているのであって,CBTの場合,その主訴を,その場を含めて極力リアルにアセスメント(ケース・フォーミュレーション)しようと努めますが,「百聞は一見に如かず」というように,セラピストが出かけていって,クライアントさんの主訴が成立している場を共有させてもらった方が話が早いんだろうな,と思うケースは多々あります。またこれまで精神科デイケアや企業における産業精神保険など,コミュニティワークを実施する場で仕事をしていたときには,私はもともと落ち着きがなく,フットワークが無駄に軽いほうなので,むしろどんどんケースに入っていって,調整するような仕事をするほうが,役に立っている気がしました(あくまで「気がした」というレベルの話です)。

ともあれ,現在,認知行動療法とコミュニティワークを統合するような理論的視点を私自身が持っていませんので(「経験的視点」なら,多少あるような気がしますが,それをきちんと理論化しないと専門家としてはNGでしょうから,今はとりあえず「持っていない」としておきます),また面接室で実施する認知行動療法に対してはかなりの手応えを感じていることも事実ですので,当面はこのままいくのだと思います。が,出かけていってCBTを実践するということが,どのようにして安全な形で可能なのか,ということも今後考えていきたいと思います。

べてるの家に出会ってから,これまでもうっすらと感じていた,「面接室内の構造を守ることが,なぜそんなに大切なの?」という声が,自分の中ではますます大きくなりつつある今日この頃なのでした。(と書いてはいますが,クライアントさんにわざわざ我が相談室まで来訪していただき,数十分という決められた時間内で,がっちりと構造を守って実施するCBTだからこその様々な利点は,十分にわかっているつもりです。クライアントさんたちの努力には,本当に頭が下がります。) あるいは面接室内の構造を守りながらよりよい援助を実践することと,面接室外に出かけていってよりよい援助を実践することは,さほど違わないのだという考え方ができるのかもしれません。

●今日のまとめの一言: 興味があれば,自分からどんどん出かけていって人に会うことが重要である。それは「礼儀」ということだけでなく,その人を取り巻く場を含めて,その人と出会うことができるから。その点,面接室で行うCBTはどうなんだろう?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年10月 2日 (日)

【認知療法・認知行動療法】ひとりごと その3:人と会って話す

  なぜかいろいろなイベントや仕事が重なり,9月はブログの更新ができませんでした。ちょっと落ち着いたので,また再開しますが,当面は「ひとりごと」と称して,9月のイベント(特に学会,べてるの家訪問)を振り返り,認知行動療法的に考察するという短い記事を掲載していこうと思います。

  今年は9月に,2つの大きな学会に出たのですが,例年に比べて出番が多く,準備をしているときは「こんなにいろんなことに顔を突っ込まなきゃ良かった」「安請け合いするから,こんなことになるのだ」と自責的認知で泣きそうになっていましたが,いざ終わってみると,非常に充実感があります。その充実感のなかでも,「いろんな人と会って,いろんなことを語り合えた」ということが大きいです。さらに直接語り合ったわけではなくとも,「著書や論文だけで知っている研究者の発表を,その人が自ら語っているのを直接聴くことができた」ということも大きいです。

 臨床や研究においては,文献を読んで勉強することが極めて大事なのはもちろんですが,さらに人と直接会って,「語る」,「語り合う」,「人が語っているのを聴く」という体験をすることで,文献で得た知識を,さまざまな角度から検討する,精緻化したり分厚くしたりする,といった,他では絶対に得られない効果がもたらされるのだと,今回も改めて実感しました。

  というわけで,学会に参加することにはいろいろな意義や目的があると思いますが,「人と直接会う」機会が爆発的に増える,という魅力がまず挙げられるでしょう。そしてそれは学会とか研究会とか,そういうレベルの話だけではなく,たとえば私が実施している認知行動療法(CBT)といったセラピーでも全く同じことなのでしょう。以前,仕事でメールを使ったカウンセリングを実験的に行ったことがありましたが,どうも私にはピンときませんでした。ネットやメールを使ったCBTについての研究もあるようですが(あまり詳しくありません),やはり直接人と人が会って語り合う,というのが不可欠のように思えます。CBTの基本も,前にも強調したとおり,ツールを使った諸技法ではなく(それだけならネットやメールで実施可能),クライアントとセラピストが直接会って,「CBT的語り合い」をすることにあるのではないかと,私は考えます。(この考えは,「べてるの家」に行くたびに,さらに強化されますが,それはまた後日)

●今日のまとめの一言: 人と直接会って話をする,すなわち「語る」「語り合う」「人の語りを聴く」体験は,買ってでもするべきである(「べき思考?」・・・笑)。認知行動療法の基本も,もちろんクライアントとセラピストが「認知行動療法」的に語り合う点にある。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2005年9月 | トップページ | 2005年11月 »